業務用脱毛機はココが違う!

業務用脱毛機の特徴

業務用脱毛機は、最高出力2000W以上の強力なパワーが特徴です。

脱毛機には、HIPL方式、SHR(speedy hair removal)連射式などの方式があります。

SHR方式は、speedy hair removalのことで、迅速に髪の毛を除去する、という意味になります。

SHR方式は、スピーディーに、また仕上がり感よく仕上げてくれ、痛みの少ない方式です。

ですので、痛みや肌へのダメージが少なく安全性に優れ、またスピーディーに脱毛ができ、脱毛後の肌の状態も良好な比較的新しい脱毛方式です。

IPL方式は、intense pulse lightのことで、広域帯の光を肌に当てて毛根が毛を生やすはたらきを抑え、発毛を無くす脱毛方式です。

このように光の作用で脱毛ができ、美肌効果も得られる方式で、最近よく注目されるようになりました。

光の作用なので、レーザー脱毛に比べると痛みはすくなめですが、多少の熱さを感じることもあります。

また、広範囲に短時間で施術が可能です。

HIPL方式は、IPLを改善したHigh Intensive Pulse Lightで、SHRとIPL方式の良さを兼ね備えた方式です。

キセノンランプを使用されており、剛毛などの脇、VIO部分などの毛の抜けにくい部位にも適しています。

 

業務用脱毛機が家庭用脱毛器よりも優れている点

業務用脱毛機は家庭用脱毛器とは全く異なる脱毛器です。

まず機器の金額も大きく異なりますが、それは業務用脱毛機が機能や性能の面において、家庭用脱毛器とは桁違いの能力を持っているからです。

最も異なる性能は、光などの出力です。

家庭用脱毛器は、個人でも簡単、安全に利用できるようにするため、パワーがかなり抑えられています・

一方で業務用脱毛機は、知識を持った専門家が施術をするため、強力なパワーを扱うことができます。

他には、耐久性の面でも、業務用脱毛機は家庭用脱毛器に比べ、長い耐久性を誇っています。

脱毛サロン、エステサロンには業務用脱毛機が設置されていることが多いですが、中には家庭用脱毛器とあまり変わらないような機種を用いているところもあるようなので、注意が必要です。

 

業務用脱毛機をお得に導入するにはリース・レンタルで

業務用脱毛機を導入されるのは、主に脱毛サロンやエステサロンの運営者の方々でしょう。

業務用脱毛機の価格はそれなりに高価なものですから、即金で購入するのはためらうものです。

そのため、業務用脱毛機の販売会社の中には、業務用脱毛機をリース・レンタルで提供してくれるところもあります。

リースやレンタルを利用すれば、初期投資も抑えられるので、運営面も安心です。

業務用脱毛機にはどのような機種があるのか?

Halemo

最近主流のHIPL方式を利用したのが、Halemo.

ハレモの最大の特徴は3000Wのスーパーパワーが実現させた最新脱毛技術「HIPL脱毛」ができるという点。

SHR連射式では効果がイマイチでしたがHIPL脱毛なら連射でも抜ける光を出すことができます。

またレンタルとリースの取り扱いがあり、導入の初期投資も抑えることができます。

保証期間が1年と少し短めの設定ですが、ハレモは2020年に販売を開始した最新の業務用脱毛機であるので故障の心配も少ないと言えるでしょう。

 

キューブデュオ

本体価格が低いので初期費用をなるべく抑えたい方にお勧め。

スリムな本体設計で置き場に困らず、本体は2つにセパレートできてコンパクトにすることができます。

出力やデザインのオーダーメイドも可能です。

修理費用が他社に比べて低め。最大出力が1200WとTOP5の中でも一番低いので光のエネルギー不足と冷却機能不足が懸念されます。

 

CLEAR/SP

本体価格、ランニングコストが低くバランスの取れた機械といえます。

クリアエスピーの独自脱毛理論「THR脱毛」により連射でも往復不要というところがポイントです。

レンタルも対応しています。

卓上型の機械なのでコンパクトであることはメリットですが、卓上型は背の高いタワー型の脱毛機に比べて連続運転に強くありません。

ハンドピースは1本のみです。

 

BYMACH

本体価格は高いですが、他社にはないイオン導入や2本のハンドピース同時冷却といった機能が備わっています。

開業のサポートが手厚く、レンタル、リースの取り扱いもあるので新規開業の方にはうれしいですね。

10連射できるので施術スピードが速いです。

1ショットのコストがTOP5の中で1番高いのでそこが欠点といえるでしょう。

お得な業務用脱毛器は?

先に紹介した業務用脱毛機の中で、コストパフォーマンスに優れたのがHalemo。

本体価格は129万円。2020年に登場したばかりに最新機種です。

最高出力は3000Wを誇り、10連射が可能です。

また、リース・レンタルにも対応しているので、初期投資が抑えられます。

 

 

 

 

 

 

 

「案外恥ずかしさが気にならない」とか「生理時のムレやかぶれが軽減された!」などという体験談が大方を占めるVIO脱毛。あなたの周りにもすっかりツルツルにケアが完了している人が、それなりにいると考えられます。
脱毛効果の大きさについては個人個人で異なってくるので、一言では言えないというのが実際のところですが、確実にワキ脱毛を終えるために必要な実施回数は、ムダ毛の量や毛の濃さや硬さなどの前提により、差が出てきます。
最初から永久脱毛の施術を行ったように、すっかりツルツルの状態にするのが最優先事項ではなく、目立たなければOKという意向であれば、脱毛サロンが取り入れている光脱毛で満足できるという事例も結構あります。
最近の傾向として技術が発達したこともあり、安い料金で痛みもなど気にならず、敏感肌でも安心して受けられる脱毛も施術できるようになってきましたので、総合的に判断すると確かに脱毛エステに頼る方が妥当だと思います。
ビキニラインの処理って割と気に病んでしまいますよね。このところ、水着の季節に照準を合わせてというのではなく、エチケットの一つとしてVIO脱毛に取り組む人が、増加の一途を辿っています。
ひとまず脱毛器を複数の中から選ぶ際に、一番肝要なポイントは、脱毛器をムダ毛処理に利用した際に肌荒れなどの肌トラブルを心配する必要がない脱毛器をピックアップするということになります。
一般に知られている永久脱毛とは、脱毛により相当な長期にわたって気になるムダ毛が伸びないように受けられる処置のことです。一般的なやり方としては、毛根一つ一つに針を刺す絶縁針脱毛と医療用レーザーによるレーザー脱毛があって、毛量などに合わせて選べます。
レーザー脱毛およびフラッシュ脱毛は、メラニン色素に働きかけて脱毛するといった方法のため、メラニンをあまり含まない産毛や細い毛の場合、たかだか一回による効き目は全くと言っていいほど期待できないと思ってください。
美容サロンは、資格のないスタッフでも操作できるよう、法律的に問題のない領域の強さまでしか出力を出せない設定のサロン向け脱毛器を取り入れているので、脱毛回数を要します。
全身脱毛のコースは、大体のサロンにおいて実はだんぜんお得感のあるコースになります。少しずつ何回にも分けて足を運ぶくらいなら、もとから全身の処理をしてくれるコースを選択するのがトータルの料金はお得です。
大部分が誰もが気にするワキ脱毛からトライするとのことですが、完了して数年後にまた無駄毛が何本か生えてくるというようなことがあっては、無意味だったかなと悲しくなりますよね。そんな不安がある一方で、専門医のいる美容皮膚科は高い出力のレーザーによる脱毛が可能です。
永久脱毛処理を受ける時に頭の片隅に入れておくと役に立つポイントや、多数の口コミはきちんと拾い上げていますので、専門医のいる美容皮膚科、脱毛サロンなど自分が選択した脱毛店を体験する前の参考データの一つにいいですよ。
学生や主婦でも特別意識もなく、VIO脱毛を受けられる時代になっており、一際アンダーヘアが人よりも太くて濃い人、小さい水着やファッショナブルな下着を堂々と着こなしたい方、自力でのお手入れが煩わしい方で占められる傾向にあります。
施術を受ける脱毛サロンを選定する時に、脱毛範囲をしっかり決めておくべきです。お願いする脱毛サロンによって実施しているキャンペーン内容と脱毛施術を受けられる箇所、エリアにちょっとした違いが見られるのでしっかり確認しましょう。
1回限定で、処理を受けただけでは、永久脱毛効果を掴みとるのは明らかに無謀ですが、5~6回の処理してもらったら、気がかりなムダ毛を剃ったり抜いたりすることから解き放たれるのです。